ビスティ

エヴァンゲリオン フェスティバル

導入開始年: 2020年

【エヴァンゲリオン フェスティバル】



【基本情報】
  • AT 純増約4.5枚/G
  • 50枚あたりのゲーム数約51G
  • エヴァシリーズが超コミカルなAT機で登場
  • ATは差枚数管理タイプ
  • 上乗せ枚数の種類が見える新システム「エヴァコレ」搭載
【ボーナス確率】

設定CZ初当たりAT初当たり
11/386.781/567.28
21/377.621/530.99
31/379.671/494.83
41/326.271/424.59
51/326.971/371.67
61/261.221/287.75
設定CZ+AT合成
11/229.98
21/220.68
31/214.83
41/184.50
51/173.95
61/136.92


設定PAYOUT
197.49%
299.00%
3101.05%
4104.26%
5108.04%
6110.08%



【ゲームフロー(通常時)】

通常時はスゴロク!?のようなボードゲーム形式のマップを1Gに付き1マス動いて消化していく。

1MAP10マス(10G)で構成されている。そのマスごとに様々なイベントやアイテムが発生し、それを獲得することによりのちのCZやATへの当選率を上げていく。

マスごとの抽選は消化小役によって優遇される。レア小役などでチャンスマスは期待できる。

上記の流れに沿ってCZorAT当選を目指す。

【ゲームフロー(ボーナス中)】

差枚数管理のAT 純増約4.5枚/G 初期枚数100枚+エヴァコレの獲得枚数。

初期枚数を100枚持った差枚管理のAT。「エヴァコレ」はサミーで人気の物語シリーズの倍々チャンスなどをイメージしてもらうとわかりやすい。毎G枚数獲得の抽選を行う状態のこと。

エヴァコレは上乗せ枚数が見える状態でガチ抽選。
レア小役などで良い枚数が優遇される。

特化ゾーンとして「エヴァコレ祭り」
特化ボーナスとして「フェスティバルボーナス」を搭載

打ち方

  • エヴァンゲリオンフェスティバルの打ち方(作成中)